受託解析実施例(2)

溶湯給湯配管の評価

Fig.1 給湯管システムモデル

溶湯を空圧制御しながら、溶湯を給湯するシステムの解析です。Fig.1にシステムモデルを表示します。

Metal Bufferは給湯する領域です。(解析上は溶湯の保存槽としています)Inner Tubeはステンレス管製で周りに溶湯温度制御用のヒーターが巻かれています。この配管内を加圧により溶湯を上昇、下降させる事により、溶湯を給湯します。

解析では圧力境界による溶湯の昇降制御、ヒータによる管内溶湯の温度制御を実現しました。

これを基に、ヒータトラブルが派生した場合の溶湯温度の変化を評価し、設備の妥当性を評価することが出来た。Fig.2に正常時の給湯動作中の解析結果(温度表示)を示します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください