ダイカストのバリ発生

溶湯射出時の衝撃圧で金型に隙間が発生することがあります。この隙間に溶湯が入れば、バリが発生します。解析で再現して見ました。解析結果では、先ず型締での変位が見られます(右方向への移動)。その後、溶湯が充填され衝撃圧力を加えます(解析では金型内面に面圧をかけている)。この衝撃圧力で、固定型、可動型の間に隙間が発生していることがわかります。このことから、バリ抑止のためには、溶湯の衝撃圧を低く抑えることが有効であると言えます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください