型締力とタイバー

ダイカストマシンの型締動作の解析結果です。型締方向への移動量を示しています。トグル機構が可動ベースを押すことにより、タイバーが伸び、固定プレートと可動プレートで挟み込み、型締力を発生しています。型締力より、型開き力が大きいと、タイバーを延ばしてしまいます。タイバーが降伏点以上に延びるとタイバーの長さが変わってしまし型締力が適正に発生せず、溶湯の吹き出しなどが発生します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください